無印の万年筆×ペリカンのコンバーター×PILOTの色彩雫




 

色々なものがデジタル化してきた今日ですが、まだまだ「書く」という行為はなくなることなく、残り続けています。

例えばぼくで言うと、本を読むときに気になった箇所を紙に書き写していく、1ライン・サンプリングという読み方をしています。(『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』より)

あとは、一日の予定やタスクを書き出したり。

スマホのメモ帳でいいじゃん、と言う人もいると思いますが、実際に自分の手で書くとやっぱり記憶に定着しやすい。

それに紙に文字を書くのってなんだか独特の快感があってぼくは好きです。

 

無印良品の万年筆

1年くらい前にふと万年筆が欲しい、と思い立ちました。
理由は「なんかかっこいいから」。

色々探した末に、激安ミニマルな無印良品の万年筆を購入。

無印らしいクールで無駄のないデザインに一目惚れ。値段が1000円ちょっとという破格なのに書き心地も抜群でコスパ最強です。

コンバーターが使える

1年使って、インクがなくなりました。

別売りでインクカートリッジも売ってるのですが、この万年筆は他メーカーのコンバーター(ポンプでインクを吸引できる装置)が使えることで有名です。

せっかくなのでペリカンのコンバーターPILOTの色彩雫というインクを買って入れてみることに。

インクを入れてみた

そして本日、その2つが届きました。

まずはPILOTの色彩雫(いろしずく)。
日本らしい鮮やかな色が人気な「色彩雫」シリーズ。黒っぽい茶色の【山栗】を選んでみました。
外箱から美しい。

本体はこんな感じ。
香水のような、インテリアとして置いときたくなる綺麗な容器です。

そしてペリカンのコンバーター。ちっこい

 

これを

 

こうして(省略)

こうじゃ。(省略)

 

そんでこう。

 

いいね〜〜〜〜〜

 

まとめ

レビューしようとして改めて思ったけど、この万年筆めちゃくちゃ書きやすいです。
すらすら、いや、しゅばしゅば書けます。

ちょっと太めなのが惜しいところ。

あと色彩雫の【山栗】は思ったよりがっつり黒。限りなく黒に近い茶色でした。
他の色も良い色だらけなので今度は【朝顔】あたりの青系に挑戦してみよう〜〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1992年生まれ。25歳。北海道出身。骨折をきっかけに仕事を退職してブログスタート。旅・写真・映画・漫画・シンプルなもの・食べることが好き。