久しぶりに会った友人が家にきてAMWAY(アムウェイ)の勧誘をしていった話。




 

去年の夏。

今ではそこそこ名が知れてきたマルチ商法ビジネス「AMWAY(アムウェイ)」の勧誘をされたことがありました。

昨日ARIIX(アリックス)の勧誘を受けて、このことも思い出したので、せっかくだしアムウェイのことも思い出して書いておきます。

関連記事:【ARIIX勧誘体験談】4年ぶりに会った友人にネットワークビジネスを勧められた話。

 

久しぶりに会った中学時代の友人Y

中学時代に仲の良かった友人Yが帰郷しているということで、一緒にご飯を食べに行きました。

そこで仕事の話なども出てきて、彼が最近やっているというビジネスの話をはじめます。

「今の生活にプラス5万できたら、すごい余裕できると思わない?」

というような感じで、今こういうことをやってるんだよねと続けるY。

「もし興味あるんだったら、今度詳しく話そうか?」

ということで、また後日会うことに。

ちなみにその時点ではぼくに何の知識もなく、まあ確かにお金は欲しいし、友人の勧めだしとりあえず聞いてみようという気持ちでした。

 

家にやってきたY

会うことを決めた日はぼくは仕事で、仕事が終わった後に会う約束でした。

てっきり飲みながら話す感じだと思っていたぼくは

「終わったよ〜どこ行けばいい?」

とYにLINE。すると

「ちゃんと伝えたいからうるさくないところがいい。理想はお前ん家」

とのことで、ぼくの家に来ることに。

家に着き、仕事でへとへとだったぼくは夕飯を準備し、二人で軽く酒を飲んで談笑した後、本題に入り始めました。

 

ホワイトボードと洗剤を持ってきたY

Yは「そろそろ本題に入るね」と言うと、バッグからホワイトボードと洗剤を取り出しました。どっちも普通の人がバッグに入れるものじゃねえ。

1年前のことなのであまり覚えてないんですが、ホワイトボードを使ってぼくに説明したり、「一番大切なものと一番欲しいものは?」みたいなことを聞かれてそれをホワイトボードに書かされたりしました。

他にもバッグにいろんなものを準備してきたようでした。

 

AMWAYっていうんだけど…

お金の話を数分したあと(長いからぼくが具体的な話を催促した気がする)、Yはそのビジネスの話をはじめました。

バッグから冊子を取り出し、ぼくの前に置いて

「AMWAYっていうんだけど、聞いたことない?」

その頃のぼくはアムウェイのことも知らなかったので、なんだこれって感じでした。

聞けば、要はこのアムウェイの自社商品を使って、他の人にも商品を紹介して、それでお金をもらえるみたいな仕事だという。

それで毎月本業とは別に副業としてプラスαの収入を得ていてハッピーだと。なるほどねえ

 

なんかすごいよく落ちるらしい洗剤

それからYは、持ってきた洗剤の紹介をし始めました。これがアムウェイの商品だそうで、すごいのだと。

どうやらYは母親からアムウェイを知ったらしいです。日頃から使っていた洗剤などの日用品がアムウェイのものだったと知り驚いた、と話していました。

ホワイトボードだったか何かを油性ペンで黒く塗り、ぼくの家の台所で使っている洗剤とアムウェイの洗剤とでどれくらい洗浄力の違いがあるかを実際に使って見せてくれるY。

確かにアムウェイの洗剤の方がよく落ちる。

よくわかんないけど、

なんかすごいよく落ちる。

わ〜すごいなあ〜…

 

眠い

それからもYはこのアムウェイの魅力やお金や時間や自由の話を続けました。1時間くらいでしょうか

ぼくはとっくに夕飯を食べ終え、お酒も飲んで程よく酔っ払い、寒いので毛布にくるまりながら適当に相槌を打ちつつ、話を聞いていました。

 

いや〜、

 

くそ眠い…。

 

自分でもびっくりするほど興味がまったく湧かず、おまけに仕事でへとへとなのに、なんで自分はこんな話を延々と聞かされてるのだろう?という気分になってきました。

確かにお金は欲しいけど、なんかその頃は新しいことを始めるのが面倒だったのかな。どんなに楽に稼げると言われても全然心に響かなかった。

Yの熱意とこちらの興味との差にあまりに落差があった。

 

せっかく久しぶりに会った中学時代の友人。

おれはね、Y。

もっと「あんなこともあったよな」っていうような昔話をお前としたかったんだ。

悪気はなかったんだろうけど、ちょっと寂しい気分だよ。

そんなことを思いながら、ぼくは彼の見てる前でわざと目を閉じ、やんわりと終了の希望を伝え、帰ってもらいました。

 

まとめ

そんななんだか悲しいエピソードでした。

こうやって友人がマルチ商法勧誘者になってしまうのは、なんだか悲しいものがありますね。

ぼくには彼らの気持ちはわからないんですけど、たぶん、本当に良いと思って勧めてくれてるんだと思います。

勧誘することでお金稼ぎをすることだけが目的ではないように感じました。と信じたい。わかんないけど。

それでもこちらとしては興味のないものをどれだけ勧められても響かないから、すごく虚しいんですよね。すれ違ったまま直進していくんですよ彼らは。

 

今度会ったときは懐かしい話でもできたらいいな。

マルチ商法は合法ですが、実際にやるかどうかはきちんと自分の頭で考えて冷静に判断しましょうね。

 

ARIIXの勧誘体験談はこちら。

関連記事:【ARIIX勧誘体験談】4年ぶりに会った友人にネットワークビジネスを勧められた話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。